「幸運」のこと嫌い?好き?さまざまあるかもしれないけど、必ずしも悪いものじゃない気がする、「兄ちゃん」は。そうじゃない?

運動後に飲みたい野菜ジュース

HOME

気分良く踊る友人と失くしたストラップ

前に凄く肥満だった時に、毎日欠かさなかったのがハニートーストだ。
ピークの時は、夕飯の後に3枚くらい食べていた時期もあった。
最悪なことに同時に、マッシュポテトにはまってしまい、デブの世界へワープだったあの頃の私。
トライした痩身法が無理のあるものばかりだ。
例えば、スープのみの食生活。
これは2週間程同じレシピのスープのみのダイエットだ。
仕事場にまで水筒に入れて持って行ったという徹底さ。
スープダイエットに断念して、枝豆を夜ごはんに置き換えるというダイエット。
さすがに、今は無理。
その後、3年ほどで栄養バランスを気にするようになると、気付いたら元通りに。
とにかくコツコツとするのがベスト。

喜んで歌う兄弟と霧
ちょっとした出張で、日光へ行くことが非常に多かった。
北関東地方に位置する日光市は栃木県にあり、海に面していない県で、高い峰に囲まれている。
もちろん、冬になると雪が降り、除雪車やチェーンは必要である。
秋に差し掛かると、東北道で、2泊3日で行って、行って帰って、また2泊3日というスタイルがとにかく多く、テレビなどのメディアで日光の様子が紹介されると思い出に浸ってしまう程。
「日光を見ずして結構というなかれ」という面白い表現がある位なので、一度は旅をしてほしい県だ。
少し述べさせてもらうと、旅行のメインは東照宮。
江戸をまとめた徳川家康の眠っている所で、境内の立派な様子に驚くだろう。
もう一つ、いろは坂を上るとたどり着ける日光の湯元温泉
硫黄泉で、乳白色で熱めの湯。
この温泉に来ると冷えにも良いと思う。
日光東照宮建立当時、こちらの温泉街を目指してかなりの人数の湯治客が集まったようだ。
その様子が想像できる古い歴史を持つここ日光。
小さな民宿の紹介も兼ね,情報誌などに多く記載されているここ日光に、また行きたいと考える。

熱中して歌う家族と草原

よく遊ぶちかこはなかなか賢い。
頭が良いんだなーと思わされる。
ほとんど人を傷つけたりはしない。
違うんじゃない?と感じても、とりあえず相手の気持ちを尊重する。
だから、視野が広がるし、強くなれるのだ。
意見を譲らない事より、こうしている方がちかこにとって楽なのかもしれない。
自分が傷つかないやり方、その経験を糧にするやり方をよく理解している。

喜んで跳ねる父さんとアスファルトの匂い
誕生日プレゼントに友達から貰った香水瓶は、花を思わせる匂いだ。
似合う匂いをイメージしてチョイスしてくれた物で、ちっちゃい瓶で飾りがついていて可愛らしい。
香りの雰囲気も香水瓶も大げさに言っても派手とは言い難いものだ。
ショップには多くの香水が置いてあったが、目立たない場所に置いてあった商品。
サイズはほんとに小さい。
小さくてシンプルでお気に入り。
外出するときだけでなく、外へ仕事に出るときもバッグの中に、家での仕事のときも机の隅に置いている。
それで、カバンの中はどれもこの匂い。
いつも身に着けているので、そうでないときは周りに「今日あの香りしないね」と言われる場合もたまに。
お店でたくさんの香りを試すのも好きなことだけど、この香りが今までの中で最も気に入っている。

一生懸命お喋りする君とファミレス

夕食時に、ビールを飲むのが楽しみになっているけれど、最近はそのあとにワインを飲んでしまう。
もちろん、次の日に接客の仕事がない時に限るけれど。
ひとり暮らしをしていた時に、マンションの近くでワインショップを発見して、父の日も近かったので買ったことがある。
私は少々見栄っ張りなので、「1万円の高級ワインを探しています」なんて言って。
家族にプレゼントした、ワインが一万円することを我慢できずに話すと、父は気まずそうに「・・・うん、やはりそうだと思った!」と言ってくれた。
他には何もいう事は、なさそうだった。
以来、そんなにワインの値段にはこだわらなくなった。
楽しい!と思える時間の友だったら、お金や質にはこだわる必要は、今のところない。

そよ風の吹く週末の日没に歩いてみる
あんまり、ドラマは視聴しないほうだけれど、ここ最近、それでも、生きていくを見逃さずに見ている。
犯人側の家族と殺された側の家族が会うことになってといった話で、通常はあるはずがない内容だ。
殺された側の両親と兄達と加害者の家族のどちらの家族も悲しいストーリーが出されている。
内容の中身は非常に暗いと思うけれど、しかしその分、色づかいはきれいなようにつくられている。
花や自然の映像がとっても多くて、牧歌的と表現していいのかきれいな映像がとっても多用されている。
このあと、流れがどうなっていくのか想像がつかないけれど、少しでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

雲の無い仏滅の朝は微笑んで

普段、EくんからのMAILのなかみは、一体何が言いたいのかまったく分からない。
飲んでても飲んでなくてもいまいち理解できない。
しかし、E君が会社で作成したという、会社の商品の梅干しに関してと、募金についての文を読んだ。
ちゃんとした日本語をかけるんだ!と思って、ビックリした。

薄暗い水曜の夕暮れにビールを
少年は、今日は学校の給食係だった。
帽子とマスクをつけて、白衣を着て、他の給食当番のみんなと、本日の給食を給食室に取りにいった。
今日の主食は、お米じゃなくてパン。
バケツのように大きな蓋付きの鍋に入ったシチューもあった。
少年は、一番重い牛乳は、男が運ばなければならない、と考えていた。
クラス皆の分だから38本ある。
だから自分が、バットに入った38本の瓶入り牛乳を持ったのだけど、同じ給食当番のフーコちゃんが一緒に持って運んでくれた。
重たい牛乳を女子には持たせたくなかったけど、同じクラスでのアイドル・フーコちゃんと一緒に教室まで歩ける、と思った少年は、ちょっとドキドキしながら、何も言わずに2人で牛乳を持つことにした。

熱中してお喋りする弟と気の抜けたコーラ

友達の知佳子の彼であるSさんの働く食品会社で、定期的に梅干しを買っている。
アルコールが入ると電話をくれるSさんが可愛がっている社内SEのEくんという若者は、言ってることが分からな過ぎて話がかみ合ったことがない。
シラフの時の彼は、相当な人見知りが激しいようで、あまり多くは話さない。
だから、私はEくんとはじゅうぶんにコミュニケーションをとったことがない。

喜んで話す友人と冷たい肉まん
最近、おなかのぶよぶよとした脂肪を増やさない様にと考え腹筋をしている。
8キロ程度の子供を俺の足元にしがみつかせて一から声を出し数えながら腹筋をしたら、子供との遊びにもなって、子供も数字を覚えるし、俺の横腹の脂肪も落ちるし、ベストなやり方だと考えていたけれど、最初のうちは、数を言いながら子供も嫌になったのかやらなくなってしまった。

サイトカテゴリ