「トマトジュース」のことを特別に感じている人って、たくさんいるんだろう。子供のときの体験や思い込みみたいなのが、「悲しみ」と頭の中でくっついちゃうことって、よくある話って言われそうだし。

運動後に飲みたい野菜ジュース

HOME

薄暗い木曜の朝に足を伸ばして

お盆やすみだとしても生まれた家から別れて生きているとたまにしか思い知らされることがないが、不十分ながら、仏前のお菓子くらいはと考え故郷へ買って送った。
生家に住んでいたら、香をつかみ祖霊の迎えに行って、お盆やすみのラストに送りにおもむくのだが、離れて定住しているので、そう遂行することもない。
近隣の人達は、香を握りしめて霊前に出向いている。
そういった場面が目につく。
いつもより墓の近くには数多くの乗用車がとまっていて、お参りの人もとてもたくさん目に触れる。

雲が多い週末の深夜は読書を
一年の中で、梅雨がなんとなく好きだ。
部屋はじめじめしているし、出かければ濡れるけど。
理由として、幼いころに、雨の日に見たアジサイが可憐で、それからこの花が咲くのを楽しみに待っている。
長崎で知り合い付き合い始めた、シーボルトと瀧の紫陽花逢瀬を知っているだろうか。
オランダ人に紛れ込んで来日してきた、ドイツ人のシーボルトが、紫陽花を見ながら「お瀧さんにそっくりな花だ」と言ったそうだ。
雨の日に可憐に咲く紫陽花を目にして何回も、お瀧さん、お瀧さんと口にした。
そのうち変化して、この花はおた草と別の名を持つようになったという。

凍えそうな木曜の夜明けに昔を懐かしむ

日本全国、多くの祭りが催されているようだ。
実際に確認したことはないけれどとても良く知っている祭事は、秩父夜祭りだ。
絢爛豪華な彫刻を彫った、笠鉾が2基と屋台が4基。
秩父祭り会館を観光した際に、DVDや実際の大きさの笠鉾と屋台を見ることができた。
寒い冬に行われるので、冬祭りとも呼ぶみたいだ。
現在進行形で見たい祭事の一つでもある。
冬祭りとは逆に、夏にあるのは、福岡県福岡市の放生夜が有名で、生きている者の殺生を禁じる祭事。
江戸の頃は、この祭りの開催されている間は、漁も禁止されたとの事。
代々続く祭事も大切だが、私はリンゴ飴の屋台も同じくらい好きかもしれない。

天気の良い大安の朝に足を伸ばして
1年前から、南九州に住むようになって大型台風をとても気にかけるようになった。
強風が全く違うからだ。
大分に住んでいたことも神奈川に住んでいたこともあるが、台風の風の強さが全然違う。
サッカーのゴールが動いていくと聞いたときは、大げさだと思ったが、現実だった。
大型台風が直撃した後は、ヤシや大きな木は道路に倒れ、海の横の道は海からのゴミであふれ車で走るのにも道を選ばないと通れない。
海沿いの家や民宿では、車両のサイドミラーが割れたり、民家のガラスが割れ、風が入って天井が飛んだりと嘘だと考えていたようなことを見た。
直撃せずにかすっただけでも風はとても強く、古い民家にいると家の揺れてきしむ音が非常に心配してしまう。

悲しそうに叫ぶ友達と気の抜けたコーラ

近頃、バラエティで、マクドのナゲットの味を味わえるレシピといって流していた。
たいそう似ていそうだと考えて、家内に調理してもらったが、マックチキンの食感では絶対にないけれど味わい深かったですね。
味わってみたら衣が少し違ったのだけれど、中は、同じチキンなんだから、自分くらいの味覚では、多少の差は何とも思わずめちゃめちゃうまかったです。

雪の降る仏滅の朝は散歩を
旅に行きたくて仕方がなかった所、それは真鶴。
この場所を知ったのは「真鶴」という川上弘美さんの小説。
内容が深く、私の子どもな感覚では、まだ深い理解はできていないと思う。
代わりに、本の中の真鶴半島の雰囲気が大好きで、行ったことのない真鶴に憧れていた。
静岡県熱海市と、神奈川県小田原市の県境にあるここ。
半島の先が真鶴岬。
岬の少し先、海上に頭を出しているのは、三ツ石という大きな石3つ。
一番大きな石の上には鳥居としめ縄があって潮が引くと歩いて渡れる。
願いが叶って、現実のこの景色を観光することができた。
私のライカの一眼の中には、真鶴がいっぱい。
小さな宿のおじさんに真鶴が好きだと話すと喜んでくれた。

天気の良い火曜の夜明けに外へ

名の知れたお寺である、法隆寺へ出向いた。
法隆寺独特だという伽藍配置も十分見せてもらって、五重塔、講堂も目にすることができた。
展示室で、国宝に指定されている玉虫厨子があり、想像よりも小さなものだった。
このお寺について学ぶには、思いのほか、膨大な時間を要するのではないかと考えている。

雨が上がった祝日の晩はカクテルを
出身県が異なると普通に食べるものが違うのを結婚してからめっちゃ気づくようになった。
ミックスジュース飲む?と家内から急に言われ、買ってきていたのかなと考えたら、家で作ることが一般的みたいだ。
缶詰のモモやら他とアイスを挿入して、市販の牛乳をさらに入れて家庭用のミキサーでミックスして完成だ。
家で味わい飲んだのは初体験だけれど、めちゃめちゃ味わい深かった。
味わい深かったし、今でははまって、俺もやっている。

気持ち良さそうに歌う兄弟と枯れた森

じっと見てしまうくらい素敵な人に出会ったことがありますか?
私は一回だけ見かけました。
電車の中で同い年くらいの人。
同性の私ですが、ドキドキしてしまいました。
どれくらいケアをしているか、という自分の努力も関係すると思います。
だけど、本人から醸し出すオーラはたぶん存在しますよね。
日本には素敵な人が多くいるんだなーと感じました。

どしゃ降りの週末の午後はこっそりと
甘いお菓子がめっちゃ好みで、ケーキやだんごなどをつくるけれど、娘が大人のものを欲しがる年になって作るお菓子が制限されてきた。
私と妻がめっちゃ喜んで食べていたら、娘がいっしょに欲しがるのは当然なので子供も食べてもいいケーキを私がつくる。
自分は、激甘なケーキが非常に好きだったけれど、しかし、子供にはチョコ系などはまだ食べさせたくないのでつくるのを控えている。
ニンジンやバナナをいれた蒸しケーキが体にもいいと考えているので、砂糖とバターを少なくして入れて混ぜて焼く。
笑った顔でおいしいと言ってくれたら、たいそうつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
ここ最近、ホームベーカリーも使用してつくったりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

サイトカテゴリ